危険な冷え

動画を見ていただければオイル温熱療法のすべてがわかります

オイル温熱療法はこんな不調に効果的です

  • 脳梗塞・認知症
  • 神経障害
  • 腎臓病・糖尿病
  • 白内障・緑内障
  • 狭心症・心筋梗塞
  • 下痢・便秘

他にも、頑固な肩こり、つらい腰痛、神経痛、原因不明のだるさや頭痛などなど 身体の不調、その原因は「冷え」にあるのです。

セラピーのご紹介

オイル温熱療法学院とは

独自に開発した特殊オイルと温熱湿布を使って、体を的確に温め、体温を上げるとてもシンプルでわかりやすい療法です。
マッサージのような体力や力は不要。専業主婦の方でも短期間で修得ができ、生きがいのある第二の人生が実感できます。

学院案内はこちら

体を温めれば病気は防げます

がん、糖尿病、高血圧、動脈硬化、肥満などの現代病は、体温を上げれば発生しない、と断言するお医者さんがいます。
慶応大学医学部を卒業し、外科医として20年以上の経験を持ついまづクリニックの院長・今津嘉宏先生は、体温が36.5℃以上あればこれらの病気は発症しないと、著書(「89.8%の病気を防ぐ上体温のすすめ」ワニッブックス)の中で述べています。

学院長よりご挨拶

皆さん、こんにちは。私がオイル温熱療法学院の学院長、山本絵美です。私は今、この新技術、オイル温熱療法を皆様にお伝えできることに、これまでにない喜びと幸福感を味わっています。

それは、この新技術、オイル温熱療法が、何千年にも渡って大勢の人々から支持され続けてきた伝統ある技術をベースにしていること。そして、代替医療の先駆けであり、リーダーを自負する私たちWCIグループが、現代科学の粋を集めて開発したオリジナルオイルを使用しているからです。つまり、歴史で実証された技術に、時代の最先端を行く科学を加えるという、贅沢さこの上ない新技術だからです。しかも、誰でも短期間で簡単に覚えることができ、素晴らしい効果の期待できるこの新技術は、すでに第二の人生を考えている方を中心に大勢の方が学んでいます。

私たちWCIグループは、「世界の病に苦しむ人を、半分に減らす挑戦」をスローガンに日々活動しています。皆さんも、私たちの仲間に入り、一人でも多くの方の痛みや苦しみを救う手助けをしようではありませんか。

新着情報

バックナンバーはこちら